2011年03月24日

選手の気持ちを汲んだ(キリッ

セ・リーグが26日のオーナー会議を待たず、緊急理事会において今季の開幕日をパと同日にする事を決めた。

理事長曰く「選手の気持ちを汲んだ」。



遅っ

統一ルール
四日間の延期でお茶を濁そうとしていた時に出した奇天烈ルール、『延長戦無し』を引っ込めて、パと同様『3時間30分を超えて新イニングに入らない』への変更も同時に決定。

これはセ・パが同じルールで野球をする以上の意味を持つ(そもそもDH制などでルールは異なっているわけだし)。

延長戦が無いという事は、つぎ込む投手をシステマティックに計算できるわけで、最大のベンチワークと言っていい“継投”がサル脳の監督でもできる単純野球になる事を指す。
藤川球児という絶対的守護神を持ち、コバヒロという期待度大のセットアッパーも獲得したMYM監督にとっては、諸手を挙げて「即採用!」のルールだったろうが、こんなもんあり得んわあせあせ(飛び散る汗)
無くなってよかったと、ホントに思う。

それでこそジャイアンツ
近年少々おとなしかった憎きGアンツ。
タイガースより一年早く試合後のファンへの挨拶を導入したり(←事実関係が違ってたらごめんなさい)、ズ抜けた強さがなくなり、むしろここ十数年は東京ヤクルトや落合が来てからの中日の方がよっぽど、負けるとムカツク球団になっており、タイガースファン≒アンチ巨人の図式は昭和の彼方に・・・・なっていたのだが。

'04年の「たかが選手が」のスマッシュヒット以来(笑)、Gアンツ関係者から久しぶりに迷言・珍言が連発され、わたしは大変嬉しい(爆)。

「開幕を何日にしろというのはお上が決めることか。」

「パが先行していろいろなことを決めているようですが、そうはいかない。」

「SMAPだって仕事をしている。」
←これはコミッショナーだけど、あんまり面白いのでwww

ナベツネよりむしろ、今回は滝鼻・清武が大活躍るんるん

いいぞ、もっとやれexclamation

だが、マジメな話
これら迷走により、彼らからしたら「世論に折れてやった」といった気持ちだろうが、
逆に「最初からしとけや」と世論の評価は下がる一方だろう。

この低評価は、野球ファンである我々の民度も世論から疑われているという事である。

本件は巨人やセ・リーグだけで終わる話では、決してないのだと。。。もうやだ〜(悲しい顔)

最終決定はオーナー会議を待つ事になるそうだが、ここで差し戻しは常識的にないだろう。
・・・いや、ミラクル恒雄に期待しちゃう?www

posted by Gen◇◆ at 17:22| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SMAPだってはないだろうと笑いました
言いたい放題やw
まあいいのですが、そうやって時間を遅らせたつけで野球そのものから人を離れさせてしまったことは自分に帰ってくるってどうして気づかなかったのでしょうね
今後の展開に期待します

最近、試合を見ても上本きゅんの打席あるないとかが気になってちっとも楽しくありませんでした
高校野球を見て久しぶりに野球が楽しいと思えました
誰のせいやろ?わし?w
Posted by かんさいや at 2011年03月24日 18:46
>>店主さま

結局強行もできず、世論も敵に回し・・・・

4月12日になっても、何か微妙な空気のまま開幕しちゃいそうですね。
気分も乗らない、調整不足もある(新井さんはさらに寝不足?)。選手がつまらんケガをしなきゃ・・って思いますけども。
でも全力プレーを見せれんなら、開幕を急いだ意味がないし。。。期待したいけど、不安もね(^^;

>気になってちっとも楽しくありませんでした

母としては正しいのでは?(爆)
Posted by Gen◇◆ at 2011年03月25日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。