2011年02月17日

西野カナがPerfumeと【訂正あり】

Perfume_logo3月4日2月25日の『僕らの音楽』(フジテレビ系)。

月末までかなりキツいスケジュールになっているGenでございます。
出向先での泊り込みも続くなか、今日は久しぶりに穏やかな一日で・・・・終わるかexclamation&question

まだ夜はこれからだからなあ・・・あせあせ(飛び散る汗)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今のところ公式サイトでの告知はありませんが、僕らの音楽西野カナ(←註:音楽が鳴ります!!)とPerfumeの出演があるようです。
TV Bros.情報)

『僕らの音楽』といえば、Perfumeが前年度のブレイクから武道館、紅白へと駆け上がった2008年に、事務所の先輩であり同郷でもある、ポルノグラフィティと出演した番組。
2008-11-7bokuon.jpg

この時はポルノ兄さんがMC進行といった内容だったので、トークが滞りなく進んだものの、
今回はどちらも仕切り役*1といった感じではないので、同世代という事もあり、いわゆるガールズトークになっているのでしょうか。
まあTV Bros.誌から判断するに、曲披露も西野氏のみのようなので、『MJ』での司会を彷彿とさせる“Perfumeの遠慮芸”の予感がますます・・・(笑)。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ただ意外にも(?)話はかみ合ったのかな、という気もします。

「近未来テクノポップ・アイドル」として三部作*2でメジャーデビューし、今や一般的には“アイドル”アイコンは認識されていない感の方が強い三人。

少なくとも『まず中田ヤスタカの楽曲ありき』の歌手*3であるのは、ファンも一般の方も共通の認識ではないでしょうか。

中田神への感謝と恩は計り知れないものがあるのは当然として、広島の少女たちがASHで将来描いていた夢はいったい何であったか。

SPEEDへの憧れはうんざりするほど(笑)語ってくれる三人ですが、踊りながら歌ってりゃ何だっていい――ってこたぁないでしょう。

ホントのほんとの本音を言えば、いわゆる“歌姫”な歌手になりたい(なりたかった?)のではないのかな、と。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ここで極私的見解なのですが、“歌姫”な歌手に共通するのは、
「歌詞が内省的なもの」
と思うんですな。

歌のちからとは、他人に訴えたいもの(詩)をメロディーにのせて(曲)、他人の心を揺さぶるものだと考えます。
メロディーではなく、文字にのせればそれは“小説”になるだろうし、
画にのせればそれは“映画”になり“マンガ”になるのだろう、と。

世間の事であろうが自分自身の事であろうが、モチーフは何でもいいのでしょうが、それらのベクトルが外に発信されない限り、心を魂を揺さぶられないのはわたしが単に歳を食いすぎているせいなのでしょうかね(否定はしませんよたらーっ(汗))。


「内省的なもの」「あたしが、あたしは」

あくまで私的見解を再度お断りしますが、
「う〜ん、だから?」としかツッコめない歌が“J-POP”の歌姫部門には多いように思います(小説にも多いと聞きますが、わたしは小説をほとんど読まないもので・・・)。

それらに「共感できる」人から支持され、ヒットしている曲が事実たくさんあります。
「分かろうとしてない」つもりはないのですが、結果的に「分からない」のが現実です(苦笑)。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

えらく長くなってしまいましたが、そういった「分からない」歌手の一人が西野氏でありまして、対談相手のPerfumeの、特にあ〜ちゃんの本音は・・・・・。

で。
トークはかみ合ったんじゃないかなー、と想像しているわけです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

この番組はKIRINの一社提供でして、この度めでたくPerfumeの再出演なったのも、

ペプシネックスから氷結へ』

華麗なる転身*4を果たしたからに他なりません(爆)。


・・・・・という事で、

番組内での『レーザービーム』披露を強く希望!!


※またしばらくナリを潜めるかと思いますがあせあせ(飛び散る汗)、たまにお越し下さるとうれしいです。


*1 仕切り役
元来あ〜ちゃんの仕切り役、キャプテンシーは相当なものであるが、2009年辺りから(少なくともテレビでは)控えているようにうかがえる。

*2 三部作
リニアモーターガール』(2005年)『コンピューターシティ』『エレクトロ・ワールド』(ともに2006年)のこと。

*3 歌手
ここでわざわざ「歌手」としているのは、Perfumeの魅力および人気はその楽曲のみならず、ライブでの高いパフォーマンス能力や、テレビなどでうかがい知れる三人のパーソナリティによるものであり、それらを「アーティスト」と総称し、「アーティスト」の“一部”である「歌手」と分ける個人的見解によるもの。

*4 華麗なる転身
ちなみに「ペプシネックス」はサントリーフーズが販売。


関連記事
ラベル:僕らの音楽
posted by Gen◇◆ at 19:00| Comment(3) | Perfume | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Gen◇◆さん、こんばんは〜♪

風邪をこじらせたのかと心配していましたが、お元気そうで良かったです。(^^)
年度末のため、私も同じくキツいスケジュールではありますが、このご時世、仕事が忙しいというのはとても有り難いことです。
ただ、DVDをのんびり視聴できないのが唯一の不満ではありますが。(^^;)

>曲披露も西野氏のみ

う〜ん、残念。一社提供のこの番組ならばと、Gen◇◆さん同様

>『レーザービーム』披露を強く希望!!

だったのですが、もうしばらくお預けかぁ・・・。

ってことは、誰かさんのぶっ壊れデビュー(笑)に併せてのお披露目もあるのかな?
3月19日・・・。どう考えてもムリだわ。(T_T)
Posted by サンチェ at 2011年02月17日 23:10
>>サンチェさま

こんばんは!
いや〜、初期症状では治せなかったです(^^;
土曜くらいからノドが結構痛くなり、特に晩になると咳き込む回数も増えました。

確かにこのご時世ですから、仕事があるのは有難いものですが、徹夜が続くのはやはりキツいものです。
お医者さんに行ったところで、風邪をひいてしまった後では所詮対処療法しかありませんし、
「栄養を摂ってよく寝なさい」
と言われるのは目に見えており。
ねぇ。それができるんならしとるわいって(笑)。

市販薬で今日現在、何とか良好に向かっております♪

凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@

この『僕らの音楽』は、「ゲストが会いたい人を呼ぶ」というスタイルになっているようで、
3年前なら「ゲストのポルノ兄さん」が「会いたい人=ぱふゅ」を呼んだ、と。
で、この日もポルノ兄さんは三曲歌いましたが、ぱふゅはゼロでしたね。

今回はどうも「西野氏」が「会いたい人=ぱふゅ」・・・という構図になっているみたいです。
ブロスにも、
『西野カナがPerfumeと対談を。また新曲「Distance」のほか、「君って」をTSUKEMENとコラボする。』
と書かれていることから、
>>曲披露も西野氏のみ
と判断した次第でございます。

>ってことは、誰かさんのぶっ壊れデビュー(笑)に併せてのお披露目も

(笑)。「NF」の初お披露目が代々木だった事を思うと、フェスではちょっと無いのでは・・・と考えています。
まあ期待してがっかりするのが嫌なだけですけど(爆)。

3月19日はダメでも、4月30日はいかがですか?♪

凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@凵@

ブログも今日を境に、また静かになりますが(今月いっぱいはもう厳しいかなぁ。。。)、たまにチェックよろしくお願いしますwww

後ほど「定期便」をお送りします!
Posted by Gen◇◆ at 2011年02月17日 23:40
>>サンチェさま

再度!!

>後ほど「定期便」をお送りします!

なんとこんなド深夜に、仕事の呼び出しがかかりました(号泣)

「定期便」は真夜中になるかと思いますが、申し訳ありません。
(たぶん今夜を逃したら、また当分自分のPCを立ち上げられないと思うので・・・)

それでは、行って来ます(ToT)
Posted by Gen◇◆ at 2011年02月18日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。