2010年12月13日

その日その時一番おもろい奴ら

漫才賞レース番組のひとつ、『M-1グランプリABCが10回目を迎える本年で終了とのアナウンスがあった。

色々功罪ある番組だったが、不備が多すぎた初年度の審査方法以外は、おおむね意義深い優れた番組だったと言えよう。

よくある批判のひとつに、

「敗者復活コンビが一番おもろいやんけ」
「審査員見る目なし」

といったものが見受けられるが、彼らを擁護する必要も別にないけれど、

この番組は
「その日その時一番おもろい奴ら」
を決めるコンテスト番組であり、
それは生放送の決勝でも、そこに至る予選でも同じ事。

予選の日に「おもろない」漫才をすれば決勝に進めず、
決勝の日に「おもろない」漫才をして、なんでお前らが決勝におんねん?とブーイング。
ただそれだけの番組なのだ。

そもそも人によって大きく異なる“笑いのツボ”を、点数化してコンテストにする事自体無理があり、その意味では他のお笑いコンクールも全て無理があると言える。

笑いの平均化なんてありえない。


肩肘張らず視聴者は視聴者らしく、深刻に審査員ぶらないでさ、
1000万円目指して、本気で人を笑かしにかかってくる9組の漫才師の漫才を、
ただの漫才番組として気楽に楽しもうやないの。

posted by Gen◇◆ at 13:55| Comment(4) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに【その日その時一番おもしろい】ですね。
いつの間にか優勝すると【覇者】の称号と共に
来年のTV露出が必然と増えてギャラUPになってたような
感じでしたが、昨年の覇者をあまりTVで観てないなw
いつからか価値が下がってしまったように思えるのは
俺だけか?…。
それでも『今夜はM−1の日だよ〜』と、皆で観てしまい
勝手に審査しちゃうのは、人気がある証拠かな?
今年も楽しませてもらいます。

ブログのタイトル変わったんですね。
ビートルズかと思ったw
Posted by ぶらぜる at 2010年12月13日 20:01
>>ぶらぜるさま

「その日その時一番おもろい奴ら」は、初回から紳助が言ってた言葉です。
その初回が一番ヘンテコリンでしたけど・・・。

「このルールでは吉本以外は絶対勝てん!」と言った、ますおかとアメザリを全力で支持します。
翌年からルールが変わってよかったです。

>ビートルズかと思ったw

やあもう、当然でございますよ(笑)。
「LET IT BE」というイディオムでビートルズを連想しない人が、世界中のどこにいるでしょうか?

ポイントは「Mary」をどう発音するかでしょうね。
それでビートルズに興味があるかないか、結構別れるんじゃないかな。
Posted by Gen◇◆ at 2010年12月13日 20:33
何年か前からどっかで終わった方がいいと思ってました
だれた感じがあったかな
ただ、予選の前に今回で終わりって言っておいてほしかったなあと
出る人たちの気持ちも違っただろうし
なんとなく笑い飯は無冠の帝王で終わりそうな予感ですw
Posted by かんさいや at 2010年12月14日 18:49
>>店主さま

どうなんでしょうね?
昨年に関しては見逃してるので(従ってバンクブーブー(でしたっけ?)というコンビは、いまだに顔を知りません。アメトーークで片方を見た事はある筈なんですが…。

でもそれまでは、優勝コンビより準優勝コンビの方が売れちゃったり等(笑)、少々残念な年もありましたが、あと2〜3年は視聴率20%台を期待できる番組であり続ける気がするので、
今時そんな人気番組を、また新規で作らなきゃならない事を思うと、この決断は決して遅いとは言えないんじゃないかと思うんです。

ただ、「いい時にやめたね」という評価をされるのは間違いないので、ここでやめるのは正解なんでしょうね。

>出る人たちの気持ちも違っただろうし

ここも…案外そうじゃないかも知れませんよ。
箸にも棒にもかからないレベルのコンビほどM-1の存在はでかいですが(しかし予選を残る事はまずないww)、
中堅はM-1が“それ用のネタと戦い方”をしなければ勝ち進めない「特殊な賞レース」なのを知ってますし、
にも関わらず、世間的には「M-1こそ最高峰の賞レース」「M-1で勝てない漫才師はおもろない」と判断・評価される風潮があり、それを快く思ってなかったり、困っちゃってる部分があるようです。

そんな彼らは、「この(注目度の高い)大会をスルーする選択」はなかなか出来ないものの、大会があったらあったで「ビミョ〜やねんなぁ」というのも本音だったみたいですね。

つまり準決勝、決勝クラスのコンビは、事前のアナウンスがあっても、エントリーしない連中は結局しなかったのでは――と、僕は感じますわ。

>笑い飯は無冠の帝王で終わりそうな

これはもうかわいそうですわ。
笑い飯には最初から色がついちゃってますもん=ハードルが高い。
これまでと“同じレベルの笑い”を提供しても、既視感があるんですもん。

エントリーしない選択肢を選んでも、ファンは納得したんじゃないでしょうか。
Posted by Gen◇◆ at 2010年12月14日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。