2010年11月30日

元旦はPerfume三昧

Perfume_logo『白板presents 東京ドームライブ反省会&Perfume海外初進出祝会 inなにわ』無事終了わーい(嬉しい顔)

当館お客様のお一人、サンチェさんのお招きにより、Perfume東京ドームライブ後の白板黒板合同オフ会に参加してまもなくひと月が経とうとしています。
そこで声をかけて下さった、同じ大阪から参戦のぐんそ〜さん、ツクプンさんと共に、先の日曜日の『Perfume海外初進出』の模様をテレビで見ながら、ドーム反省会を行おうという催しがありました。

催しというと大層ですが、要は音楽番組を見ながら酒を飲んで喋りましょう―という事でして。

Perfumeの海外進出というのは、上でリンクも貼っていますが、韓国のケーブルテレビ局「Mnet」が主催(共催MUSIC ON! TV)する音楽授賞式&ライブ番組『Mnet Asian Music Awards』(通称MAMA)に、海外アーティストとして招待された――っちゅう話ですわ。

日本からはPerfumeの他にケミストリーが招待されており、Perfumeは『ベスト・アジア・ポップ・アーティスト賞』という、何やら凄い賞を受賞ww
ちなみにケミストリーは『ベスト・アジアン・メイル・グループ賞』でした。

その韓国の番組がなぜかマカオで開催され、その様子が当の「Mnet」と日本の音楽専門チャンネル局「MUSIC ON! TV」で生中継されたわけです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ところがこの「M-ON!」局が視聴できるお店ってのが、なかなか見つからなくてねぇ(ま、そりゃそうですかなあせあせ(飛び散る汗))。

結果、僭越ながらJ:COMを引いている我が家での「反省会 inなにわ」開催となったわけです。
小さなアナログテレビなんですけどね(笑)。
その辺は我慢していただいてたらーっ(汗)、Perfumeの海外での雄姿を共に祝いましょうとぴかぴか(新しい)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

生中継という事もあってか、日本語字幕が出ないので何を言ってんだかよく分からないのだけれど、現地マカオは広東語圏だそうで(香港と同じですね)、現地人も韓国語は分からんだろうに・・・?
ホントになぜにマカオだったんだろうね?
ただ授賞式そのものはかなり盛大でした。
日本では年末のこのテの番組は複数あり、さらにそれぞれ権威がガタ落ちしてる感がありますが、韓国では全てが日本と異なる状況なのかも知れません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

各受賞者アーティストの名が呼ばれ(大半がいわゆるK-POPアーティスト。当たり前ですな)、彼らがステージに上がる際に拍手を送るPerfumeの三人が、テレビ画面にちょいちょい見切れます。
K-POPにさして興味のない我々は(笑)、そのわずか数秒の出来事に「おおぅっexclamation」と騒ぐ(爆)。
それを肴に飲む。
三人また見切れる。
「おおぅっexclamation
また飲むww

これらを繰り返して40分位かな?

ついにPerfumeの名が呼ばれステージへexclamation
(この写真の直リンク先はここ
受賞スピーチです(あ〜ちゃんが一人でやり切ってしまったww)。日本語で行われました。
何やらハングルの字幕スーパーが出ていましたが、同時通訳が出ていたのか、Perfumeの紹介・略歴が出ていたのかは定かではありません。

最後に「サンキュー!シェイシェイ!カムサハムニダ!」でしめたスピーチでした。
ところでシェイシェイ(謝謝)は北京語の筈で、広東語ならトーチェ(多謝)と言った方がよかったかも知れませんね。
また韓国語のカムハサムニダも、日常では「コマプスムニダ」を使う方が一般的だそうです。
まあ母国語の日本語さえ正しく運用できない筆者ですから、話半分に読んでねあせあせ(飛び散る汗)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

その後しばらく間を置いてから、衣装チェンジしてステージでライブを披露。
tumblr_lclkubCaty1qbmksqo1_500.jpg
(この写真の直リンク先はここ
新曲『ねぇ』をテレビサイズで歌った後、続けて『チョコレイト・ディスコ』を歌いました。

音楽のマーケットとしては、おそらく日本の方が大きいのでしょう(人口も違うし、K-POPシンガーがこぞって日本デビューする理由もそこなのでは?)。
ただネットインフラに関しては、韓国の方が早くから普及していると聞きます。
Perfumeとインターネットの係わりは今さら語るべくもなく、海外ならなおさらでしょう。
その関係で、『チョコレイト・ディスコ』は韓国民に比較的有名なのかも知れません。

いずれにせよ“リフレイン”が特長(らしい。よう知らんあせあせ(飛び散る汗))のK-POPにおいて、
「「ねぇ」しか言うとらん。」
「「チョコレイト」「ディスコ」しか言うとらん。」

(いずれもPerfume自身の発言www)
この2曲のセレクトは、直球という事なのでしょうか。

テレビの印象では、すべからく“今風”なK-POPアーティストのダンスに比べ、独自路線のPerfumeのパフォーマンスは異彩を放っていたと言えましょう。

国内ではメジャーシーンに躍り出て久しいこのパフォーマンスが、久々にアウェー感たっぷりに見えたのは逆に新鮮でした(爆)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Perfumeの出番を見届けた我々は、もはやMAMAに用事無しッexclamationという鬼の判断で(笑)、WOWOWのドーム公演ライブや、ツクプンさん持参のぱふゅ関連DVDなどを楽しみつつ、あれやこれやとぱふゅ談義るんるん

おじさんが集まっての濃い夜を過ごしました(爆)。

元旦から
mixiのPerfumeコミュでは早いうちから話が出ていたのですが、WOWOWでも公式にアナウンスされたようなので書きます。

『Perfume LIVE @ TOKYO DOME「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」』早くもWOWOWにて再放送決定exclamation×2
日時は来年1月1日深夜1時10分〜です。←ひょっとしたら1月2日AM1:10を指してるかもしれないので、注意されたし!!

さらに今回書きました『MAMA』が、「Mnet」「M-ON!」ともにて再放送が決定しました。
「Mnet」では一足早く12月31日深夜0時〜4時間!←という事は年が明けてるってこと?31日のAM0:00?どっち?
「M-ON!」では1月1日午後7時〜4時間!

いずれも日本語字幕付きでO.A.されます。

さらに「M-ON!」では1時間前の午後6時から「MAMA2010 BACKSTAGE ドキュメント(仮)」が放送されます。
当日の生中継で、「M-ON!」ではカットされた授賞式前のレッドカーペットでの取材の様子(おそらく「Mnet」ではO.A.された模様)が放送されるのではと、大いに期待手(チョキ)
2010/11/28_9/10.jpg
MANTANWEBの記事から直リンク)

199949723.jpg
(クリックすると拡大します。この写真のリンク先はこちら

有志によるつべ及びニコ動で確認しましたが、韓国語で例のアレを披露。

かし「かしゆかイムニダ」
あ〜「あ〜ちゃんイムニダ」
のち「のっちイムニダ。セニョンハクチョソ!」←筆者の聞き取りイムニダ
三人「Perfumeイムニダー!」
Perfume_MAMA2010.jpg
Perfumeイムニダ

その後のインタビューは完全通訳さん任せあせあせ(飛び散る汗)

英語の同時通訳音声はビシバシ流れてたので、アジアだからと囚われず、外国語の筆頭はやはり英語だなーと。
そして本気で海外での活動も視野に入れるのであれば、ある程度の語学力はやはり必要のようです。

そう考えると、BoAやユンソナ、ビビアン・スー(この人は台湾だっけ?)に、最近の東方神起やKARAなど、よくもまあ器用に日本語を話しますよねー。
仕事だから気合が違うとはいえ、大したものだわさ。


ん?アグネス・チャン?
・・・・あの人はほれ・・・まあ、いろいろありますからコメントしないよ。
だってワタシはサイキッカーですからww
posted by Gen◇◆ at 10:03| Comment(2) | Perfume | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Gen◇◆さん、こんばんは〜♪

『Perfume海外初進出祝会 inなにわ』開催おめでとうございます。<(_ _)>

お三方ともPerfumeにお詳しいので、お話の内容たるやそれはもう濃いものだったと容易に想像できます。
併せて、お三方がお集まりになっている画の濃さも容易に想像できます。(爆)


Perfumeの顔が見えたときだけ早送りを止めるというざっくりした見方ではありましたが、Perfumeの出で立ちとパフォーマンスは際立っていましたね。(というか、異質?)
番組をご覧になった韓国や中国、その他各国の方々がどのような印象を持たれたのかが気になるところです。


エンディングに出るかもと最後まで(早送りで(笑))見ていて発見したのですが、ぱふゅブロ界隈でも一部で話題になっているエンドロール、Gen◇◆さんはご覧になりましたか?


A-CHAN 
B-KASHIYUKA 
C-NOCCHi

・・・・・。(-_-)

A-CHANのAはそのAじゃないってば!(爆)

それこそスタッフさんのお名前も出ていたのですが、全てフルネームだったのにPerfumeだけ略称。
しかもNOCCHIのIはiだった気が・・・。

MAMAのスタッフさん、せめて名前だけでも覚えてやって下さい。(T_T)





>早くもWOWOWにて再放送決定

昨年の代々木も、初回5月の後6月7月と再放送しましたので、ひょっとしたら2月にもう1回あるかもしれませんね。
ちなみに12月31日23時から1月1日2時(だったかな?)までは、福山雅治のカウントダウンライブの生放送が予定されていますので、来年1月1日深夜1時10分〜は

>1月2日AM1:10を指して

いるかと思いますのでご注意を。
Posted by サンチェ at 2010年12月01日 21:41
>>サンチェさま

こんばんは〜♪
いやもう、サンチェさんもご近所なら是非参加していただきたかった!

濃いのも濃かったですが(笑)、お二人のぱふゅ愛の深さに感嘆しっ放しでした。
お二人ともきちんと楽曲から入っておられるのに、僕は「気になる子ちゃん」を見て『タレント・Perfume』が入口という、“斜めから”のファンなので、出自が全然違ってて申し訳ないっちゅうか何ちゅうか・・・(;^o^A


『チョコレイト・ディスコ』セレクトは、やはりリサーチがあったようですね。
韓国民にとってもキャッチーなメロなんでしょう。

異質と言えばK-POPガールズが“女性(の特に性)”を比較的前面に押し出すのに比べ、『ねぇ』のあの衣装はまさに異質でしたね。
インパクトはあったのじゃないでしょうか。

しかしこの辺りは興味深いですね。
かの国は儒教の国なのに、ポップスの面では「みんなビヨンセ」みたいなノリと格好で・・・(^^;

逆に日本の方がおかしいのかも知れません。
ベビーフェイス(赤ちゃん顔)を“美人”と認識するのは、世界でも日本くらいしかないそうです(これは昨今の1億総ロリコン化現象という、由々しき事態とはまた別だそうです。詳しくは機会があれば後日に)。

>エンドロール

…はテレビでは完全スルーでしたが、後にキャプチャー画像は見ました。
しかし、

>A-CHAN 
>B-KASHIYUKA
>C-NOCCHi

は、こうしてサンチェさんにご指摘されるまで、全く気付きませんでした!
なんじゃ、こりゃ!?ww
あ〜ちゃんが陳(チャン)さんになっちゃった!

昔ギターウルフのメンバーを真剣に、
ギターウルフ・ベースウルフ・ドラムウルフ
と思い込んでいた時期がありましたが(笑)、それよりひどいなぁ〜ww

のっちも確かに最後が小文字に見えますねぇ。
画像の解像度のせいかな?って気もしますが・・・。

>Perfumeだけ略称

まあこれはこれで「グループ魂」みたいで、いいじゃないですか(笑)。



代々木もそんなパターンでしたか。
初回が公演三日後くらいだった記憶はあります。
2月の再放送も、十分考えられますね。

>>1月2日AM1:10を指して

なるほど!貴重な情報ありがとうございます。
そっかー。ましゃのライブですか。
ひょっとしたら例年は、サザンがO.A.されていたのかな?
そういや大河は上野樹里にバトンタッチで、アミューズの俳優部門(ましゃは歌手か…)も勢いづいていますね。

歌手部門でPerfumeの双肩にも、重いものがどんどん・・・?



※記事中のレッドカーペットの写真が上手く貼られていなかったかも知れません。
タグを書き換え、修正致しました。
Posted by Gen◇◆ at 2010年12月01日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。