2010年11月26日

情報密度の差…なんだろうな、きっと

Perfume_logoテレビって何て見やすいんですかっexclamationもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)

Perfumeの芸能生活10周年を彩る記念ライブ、
Perfume LIVE @ TOKYO DOME 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
が2時間に渡って、WOWOWにてO.A.されました。


番組としての出来は・・・すこぶる良かったと言えましょうexclamation×2
おそらく一般的な音楽ファンでも、飽きずに視聴できた構成だったのではないでしょうか。

まさにGISHIKI
ではキャプチャー画面を通して、番組を振り返っていきましょう。
dome-live_001.jpg
(いずれの画像もクリックすると拡大します)
ご覧下さい、この入りを。本っ当〜に埋まってるでしょう?
(おそらく)いわゆるカラ売りもなく(微妙な話ですが、ヤフオクでの価格も全く下がりませんでしたし)、見に来た5万人は全て「大なり小なりPerfumeに興味がある人」であったと言っていいでしょう。


客電が落ちておごそかな曲が場内に流れます。
ヤスタカ神のオリジナルなのかよく分かりませんが、まずは『GISHIKI』からスタートです。
やしろ教頭(「SCHOOL OF LOCK!」DJ)曰く、
「若手芸人ほど手を叩きながら派手に入ってくる(笑)。Perfumeの『GISHIKI』からは大物の風格を感じた」。
dome-live_002.jpg
真っ白なドレスに身を包んだ三人が、サブステージからせり上がってきます。
現場ではウエディングドレスそのものと思ったんですが、こうして見るとかしゆかの頭の飾りがややブーケっぽいだけで、随分記憶と違っててビックリですあせあせ(飛び散る汗)


dome-live_003.jpg
1から10までをゆっくりカウントしながら、一歩一歩メインステージに近づきます。
この後、ステージ上の紗幕に消える三人。

客電が再び落ち、紗幕に三人のシルエットが浮かぶと同時に、静寂の場内にあのイントロが流れます。

1曲目は予想の斜め上でした
ランランランラン…♪
Perfumeがマネキンに扮するダンスが印象的な『シークレットシークレット』。
dome-live_004.jpg


dome-live_005.jpg
幕の中から出てきたのは、早替えで目にも鮮やかな色使いのコスチュームに着替えた三人。


dome-live_006.jpg
ブラックライト仕様(?)で、このように光るギミック付きでするんるん

ナイスカメラアングル
まだ1曲目ですよ(爆)。ペースを上げましょうたらーっ(汗)

2曲目の『不自然なガール』を挟んで、3曲目に披露されたのは2ndアルバムのタイトルチューン『GAME』。
dome-live_007.jpg
真っ暗な場内のモニターに映し出されたこのタイトル。
それを見た観客の大歓声exclamation×2
昨年5月の代々木公演でメドレーの一曲として披露されたが、フルサイズは2年前の武道館公演以来。
筆者自身は生涯、生で見る事はできない曲と思っていたので、これにはアガったグッド(上向き矢印)

アガったがこのWOWOWのアングル時のモニターは全く見ておらず、お客さんの大歓声からややズレて気付いた次第あせあせ(飛び散る汗)
遠い位置とはいえ、ライブは直に目に焼き付けるものという思いから、あんまりモニターは見ていなかったんよねぇふらふら


dome-live_008.jpg
花道に別れて踊る三人を効果的におさめるショット。


dome-live_009.jpg
『GAME』ではこのようにライトセーバーが小道具になります。


dome-live_010.jpg
アガる観客のみなさん黒ハート

思った以上のMC時間
4曲目『ワンルーム・ディスコ』を終えて、最初のMCへ。
3時間ライブを2時間枠に収めるため、MCはあっさりめに編集されるかと思いましたが、想像以上に収録されていました。

もちろん挨拶や今日の感想と無関係な、
「あ〜ちゃん家のベランダにハトが巣を作って困る」
という聞かされるこっちも困る、オチなしトークはバッサリわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
dome-live_011.jpg
この「のっちひとりぼっち」のMCがカットにならなかったのも意外(笑)。
のっちのちの人は嬉し涙を流さんばかりるんるん

掟は飛ばされるもうやだ〜(悲しい顔)
さあ、スピードを上げようか(笑)。

この後「LOVEい曲」((C)あ〜ちゃん)を数曲披露。
今夏のシングル『VOICE』のc/w曲、『575』のイントロが流れた時は、
「えっexclamation&question放送してくれんのグッド(上向き矢印)るんるん
とすっげー喜んだものの2秒程度でバッサリ切られ、文字通り“ぬか喜びの刑”に遭った視聴者は何千、何万人いたでしょうかもうやだ〜(悲しい顔)

そして衣装替えで一旦はけたPerfumeが再び登場し、演じられたのが2007年の伝説のパフォーマンス、
『Perfumeの掟』

放送ではカットだろうと事前から噂されていましたが、その通り微塵もO.A.されませんでした

現場と家のテレビモニター
dome-live_012.jpg
代々木公演で一時的にセットリストから外れたものの、昨年の全国ツアーから復活した『エレクトロ・ワールド』のイントロ画像。
この辺の楽曲でのライティングはかなり頑張っています。
dome-live_013.jpgdome-live_014.jpg
「ドームが広過ぎて、ライティング効果が今ひとつで残念だった」という評を書きましたが、なんのなんの、テレビで見る限りかなりの迫力があります。

その原因は、直にあの空間を体感した事と、家のテレビモニター(ワイドの28インチ)で見る事によって現場の情報が上手いこと“高濃度”になった事の違いによるものだと考えれます。

スポーツ中継同様、単に「よく見える」だけなら現場よりテレビの勝利だという、当たり前の事に改めて気付かされた次第です・・・。

しかしそんな事と“実際の目撃者”になる事とは比較の対象になりませんよ、本当。

まさかのフルサイズ?
放送は順調に続き、観客とPerfumeが一体になる振り付けがある、その名も『Perfume』という曲まで来ました。

この日は三人が一台ずつの移動ステージに乗って、アリーナ(グランド内)を一周しながらサインボールを投げ入れるというサービス付き。
一人50個ずつサインとメッセージ(これが結構長い文章)を書いて、さらに3個だけが三人全員のサイン&メッセージ入りという「当たりボール」の、計153個のサインボール投げ。
dome-live_015.jpg
これに乗って一周します。


dome-live_016.jpg
「夢のサイボール投げーexclamation×2
こういうのを“夢”と語るあたり、やはりPerfumeはアイドルなんだなぁと色々考えてしまいます(;^_^A


dome-live_017.jpg
楽しそうなかしゆか。
でもライブ全般を見る限り、声が小さかった印象はあります。
食事もこの日は二回“しか”摂らなかったそうですし・・・(彼女は一日6食くらい摂る事もあるといいます)。

dome-live_018.jpg
ラケットも使います。
かしゆかは結構遠慮なしにスマッシュします(笑)。


dome-live_018.jpg
あ〜ちゃんは見事空振り。
そのボールが車に付いて歩いている内山監督(Perfumeライブの多くで監督を務める有名な人)の頭にぽこんっと(笑)。
思わず吹きだすあ〜ちゃん。


dome-live_020.jpg
“漢”のっちは、ほとんどラケットを使ってなかったexclamation&question

dome-live_021.jpg
なかなか楽しい企画ではありましたが、2階席では全くボールは届きませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
そしてテレビでは、この様子をまさかのフルサイズO.A.あせあせ(飛び散る汗)(←たぶん)
ゆっくりとグランドを一周するので、まあ時間のかかる事かかる事(笑)。

『wonder2』と『ポリリズム』
ライブのラスト曲は、これまた2年前の武道館以来の『wonder2』。
dome-live_022.jpg
ピースサインをしながら手を振ります。
願い』もいいですが、一体感はこの『wonder2』の方がありますね、やっぱ。


そしてアンコールでニューシングル『ねぇ』のプロモーション・コスチュームを身につけてステージへ。
dome-live_023.jpg

dome-live_024.jpg
「わざとらしい言葉じゃないけど、まるで夢の中にいるようです。」(のっち)


dome-live_025.jpg
「・・・楽しい時間ってあっという間で・・・。もったいないです・・・。
これからもまだまだ頑張るし、もっとPerfumeでいたいのでよろしくお願いします。」(かしゆか)


dome-live_026.jpg
「ほんとに嬉しいんです・・・。ほんとに・・・うれしい・・・(泣)。
苦労人だねとか言われるけど、10年間“無駄な時”なんてひとつも無かった。
この夢のステージに、かしゆかとのっちと一緒に立ててる事が、凄い嬉しいです。」(あ〜ちゃん)


dome-live_027.jpg


あまりこういう感動的場面ばかりをフィーチャーするのは、Perfumeにとってプラス材料ばかりとは思わない昨今ですが、自分の人生を振り返って
“無駄な時”なんてひとつも無かった
と言い切れるのって、凄い事だと思うんですよね。

倍近い年月も人間をやってる自分は・・・って、情けないやら悔しいやらですよ、ほんと。


・・・さて、挨拶後この日から一週間後にリリースとなる、新曲『ねぇ』がアンコールの1曲目。

そして最後の最後、大トリの曲は、
「わたしたちに大きなチャンスをくれた曲」(あ〜ちゃん)。
ポリリズム
dome-live_028.jpg

予算の大半をここに注ぎ込んだと言わんばかりの(笑)照明。
dome-live_029.jpg

特効。
dome-live_030.jpgdome-live_031.jpg

空に舞う銀テープ。もちろん2階席になんて、全く届きゃしません(号泣)。
dome-live_032.jpgdome-live_033.jpg


こうして繰り返し見れば見るほど、参戦してよかったと心から思えるライブでした。

posted by Gen◇◆ at 12:09| Comment(2) | Perfume | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Gen◇◆さん、こんばんは〜♪

キャプチャー画像、貼りましたな〜!(^^)
全部で33枚・・・。お疲れ様でした。<(_ _)>


『GISHIKI』の厳かな雰囲気と、『ポリリズム』での特効と三人の表情に思いっきり惹きつけられ、時間がないときでもこの2場面は毎日観ています。
改めて、『GISHIKI』を放映していただいたWOWOWには感謝感激ポリ荒らしですわ。(^^)


>ブラックライト仕様(?)で、このように光るギミック付き

個人的に一番好きな衣装なのですが、画面を通してみると意外に目立っていない。
現場ではあれだけ遠かったのに、まさに『目に飛び込んでくる』色鮮やかさという印象だったのですが。(^^;)


>テレビで見る限りかなりの迫力があります。

上記衣装の件とは逆に、光の演出は画面を通しての方が迫力がありますよね。
当然、テレビ画面に濃縮されてというのもあるかと思いますが、ひょっとしたらバックネット裏2階辺りから見ていたら、バルコニー席とは違った印象を受けていたのかもしれませんね。


>“ぬか喜びの刑”

これはいけませんよね。初見の時に思いっきりぬか喜びしたにもかかわらず、リピートで見ているときも思わず『えっ!』と思っちゃうんですよ。(^^;)
この曲と『掟』に関しては、もうWOWOWでは放送しないでしょうから、主催のテレ朝か後援のM-ON!に単発でもいいから放送してもらいたいものです。
ここで『DVDが出るからいいや』と断言できないところが、何とも歯がゆいところではありますが。(^^;)


そして最後のMC、のっちだけがずっと正面を見据えているところが印象的でした。
Gen◇◆さんがアップしてくれた画像も、あ〜ちゃんとかしゆかが目を合わせて話しているじゃないですか。
その時かしゆかも感極まったような気がしたのですが、のっちはあ〜ちゃんが顔を向けて話しかけても、無言で正面を見据えたまま。

『ファンの前では涙は見せない!』

というのっちの心の声が聞こえたような気がしました。

・・・漢だぜ、のっち・・・。(T_T)
Posted by サンチェ at 2010年11月27日 19:28
>>サンチェさま

こんにちは〜♪
>全部で33枚・・・。

あ、そんなに貼ってたんですか(笑)。数えていただきありがとうございますww
そっかー。どおりで記事アップに相当時間がかかった筈だわ(爆)。
ボツにしたキャプチャーもありますからねぇ。
全部貼って全部にコメントつけたら、3倍くらいの長さになったんじゃないでしょうか。
アップロードできるんやろか?(^^;

『GISHIKI』は結局「曲とみなしていない」ため、WOWOWの番組表から省いてたって事なんですかね。
あるいはライト層ファンの方が「新曲!?」と勘違いしないためだったのか・・・。

いずれにせよ改めて映像を確認できてよかったです。
記事上にも書きましたが、ウエディングドレスとはだいぶ違いますね(笑)。
自分の記憶力の無さに、改めて感心しました(ToT)

>画面を通してみると意外に目立っていない。

あら、そうですか?
あー・・・でも『なガール』の時は、少しそういう印象があるかな。
僕はわりと現場の雰囲気を伝えられてると思いました。

個人的には緑色の衣装が好きです。
あの色良かったです。
デザインは(特にあ〜ちゃん)[bitter]の頃のムードが感じられ、ちょっと照れくさかったですけど(←アンタが照れてもしゃーない)。

>光の演出は画面を通しての方が迫力がありますよね。

これは・・・無念と言うべきか・・・(;^_^A、その通りですね。
特に『GAME』『シティ』『エレワ』『ポリ』で強く感じました。

>ひょっとしたらバックネット裏2階辺りから見ていたら、バルコニー席とは違った印象を受けていたのかもしれませんね。

野球で言うセンターライン(キャッチャー・ピッチャー・セカンドとショート・センター)が中心になっての演出配置でしたから、バックネット裏ならスタッフの意図がより感じやすかったかも知れないですね。
特に『掟』の印象はかなり異なったかも知れません。
でもまあ・・・、バックネット裏2階席はちょっと遠すぎるなあ(爆)。

>リピートで見ているときも思わず『えっ!』

わはははは♪どんだけ〜ww
しかし放送時はホンマに『えっ!』て言いました(笑)。あれは無いよなぁww
編集ミスにしてはお粗末過ぎるので、絶対確信犯ですよね!

『掟』はもうテレビで世に出るのはあり得ないと思いますよ。
WOWOWが『Perfume〜10年の軌跡』なんて特番でも作らない限り、絶望的でしょう。
他局で流れる事もあり得ませんし。

DVDの話は別で記事を書こうと思っていますが、『掟』を見れるのは『ライブDVD』か、静止画で『FC限定写真集』の二つしか無いと思っています。。。
写真集には絶対載るっしょ!(載らんかったら、さすがに暴れますよwww)

>のっちだけがずっと正面を

そうですね。
トークの後半でようやくあ〜ちゃんの方を一度向きますが、ずっと前を見てましたね。
ただあれが
「目を見なくても、三人は心が見えとるけん」
と語ってるようだと捉えるのは、ファン贔屓に過ぎますかね?(笑)

のっちの表情、よかったです。
刄cアーDVDでの、『願い』を歌い終わった時と同じ表情だなぁ、って思いました。

もう6回、繰り返し番組見ちゃってます(*^o^*)
Posted by Gen◇◆ at 2010年11月28日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。