2008年12月22日

思てたんと違うッ!

(この記事はT-Blogから引っ越してきました)

M−12008見ました。
おおよそ審査員の結果通りの面白さでしたねー。

事細かに言う事もないので、感想をひとつだけ。

キンコンの惨敗は、第2回大会のアメザリの惨敗を見るかのようでした。
両者ともに共通してるのは、10分以上のネタでないと本領発揮できないと思える点ですな。
特にアメザリは、一度20分の漫才をテレビで見た事がありますが、
めちゃくちゃ面白かったです。

M−1のルールに有利なのは、近年では“レッドカーペット芸人”かも知れませんねー。


今日一番意表を突かれて笑ったのは、笑い飯・西田の記事タイトルのひとことでしたわーい(嬉しい顔)
posted by Gen◇◆ at 00:00| Comment(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。