2009年04月13日

誠の言葉

(この記事はT-Blogから引っ越してきました)

MAKOTO-penitence.gif(クリックすると画像が拡大します。)

本日松竹芸能サイトにて、『北野誠の処分について』という、我々にとってはややセンセーセショナルなタイトルで以って、誠氏の芸能活動無期限謹慎が正式に発表された。

“誰に対して”“お詫び”をしているのか、やはり不明瞭ではあるが、
芸能界が一番大事にしているのは「“視聴者”というお客」ではなかったのだ、という事を、今回改めて認識させられた次第である。


さらに、本件に最も過敏に反応したのは、局ではなく親会社なのでは・・・と邪推したり、
圧力の源云々というのは、私も勢い余って触れてしまっているが、

噂はあくまで噂であり、最早事態は、まこっちゃんが如何にスムースに仕事復帰できる環境を用意するかを考えるべきところに、来ているのかも知れない。


そう。
彼は犯罪者ではないのだからexclamation

事態の早期沈静化こそ、結果的にまこっちゃんの為になるのでは。

マスコミと芸能界、そしてそれらに強い影響力を持つ者達との色々な話は、
本謹慎事件で是正される可能性は低く、
いや、それどころかより強固に、あるいはディープになっていく可能性すらある。
(そしてそれは、本謹慎事件と繋がりがある 確 証 は な い。さらに繋がりは 出 て も こ な い だろう。)


-
こんな風に書くのも、本日13日、名古屋CBCラジオごごイチ』にて、
まこっちゃんの肉声が流れたからである(生放送)。

まずは「お詫び」から始まった番組。
「どうも皆さんこんにちは。北野誠です。
えー、一部報道されまして皆さんご存知だと思いますけれど、
わたくし北野誠がですね、他局のラジオ番組および関連イベントにつきまして、不適切な発言をしてしまったためにですね、関係各所の皆様にご迷惑をおかけしました。
改めてこの場をお借りしまして、深くお詫び申し上げます。

そしてですね、この件に関しましてはわたくし自身と、えー、松竹芸能との話し合いの結果、えー、当面、これ、僕自身と松竹芸能の判断なんですが、当面芸能活動を自粛する事になりました。

えー、CBCラジオも『ごごイチ』、えー、今日4月二回めなんですけども、CBCラジオ『ごごイチ』も、一応4月いっぱいをもちまして、
えー、僕と松竹芸能の判断のなかで、お休みさせて頂く事にさせてもらいます。

えーそれから、CBCラジオをお聞きの皆さんに………え…………たくさんの……えー、励ましの……メールをいただきました……。

あの……ほんとに………僕自身の、あの、不徳のいたすところでございますので、あの……改めまして、CBCラジオをお聞きのリスナーの皆さんに深く、お詫び申し上げます。
本当に……それから暖かいメールを下さった皆さん……………うん………………ありがとうございました…………。」

これまでが番組冒頭の挨拶。
そして番組のエンディング・・・。
「…はい。えー、今日は冒頭からですね、私のお詫びからこの番組を始めさせてもらいましたけれども、
その間に皆さんからですね、たくさんのメール、FAXいただきました。ありがとうございます。

あのー、これだけの数が来てると、もう、思いもよらないくらいの数がありまして、本番中ずっと読ませて頂きましたけども、
皆さん大体、暖かく私を待って下さるというので、できる限り本当に反省しながらですね、ちゃんと戻れる形を作りたいと思っております。

あのーほんとに、あのー、はっきり言うたら僕の、言ってみたら他局のラジオで起こった出来事でCBCさんに迷惑をかけるのは、本当にちょっと、僕自身の心の中では、すごい何か、あのー、リスナーの皆さんに悪い事したっていう気持ちでいっぱいなんで。
あのー、僕自身が、
でもね、あくまでも悪いのは僕自身でもあるわけなんで、だからやっぱり、ちゃんとその辺の事を、50歳になった大人となってね、一番ちゃんと自分でそれを受け止めて、
ちゃんと今まで生きてきたなかで、一番何が悪かったかとかを、
もう一度見つめ直して、ちゃんと反省してですね。

あのー、50歳なんですから、ちゃんと大人なんやから、ちゃんと自分がやってきたこと、深く反省して見つめ直して、もう一度新たにですね、皆さんの前に立てる事を努力して、頑張っていきたいと思っておりますので。

ほんであの、今日皆さんからいただいたメールは全部目を通しておりましたけども、ほんとに暖かいメールばっかりで、
なんて言うんですかね、あの、これだけ皆さんから心配されて、こんだけ一生懸命たくさんの皆さんがメールを書いて下さったっていうのは、
普段めったに見ない(=送ってこない)皆さんからのメールも、たくさん届いておりましてですね。」

丸山アナ(アシスタント)「初めての方も皆さん、今日はね、いてもたってもいられず、という方も多かったですね。」

「そうなんですよね。
そういう意味で言うと、本当にいてもたってもいられずって書いて下さった皆さんが、ほとんどの方が励まして下さったり、
待ってるよって言葉をいただきましたので、
それに沿えるようにですね、一生懸命努力して、ちゃんと反省してですね、見つめ直して、頑張っていきたいと思っておりますので。

あのー、今日の件はほんとにCBCの皆さんに、ほんとにリスナーの皆さんとかCBCに関しては、
何の関係もなかった事で僕が迷惑をかけた事を、再びもう一度、謝らせて頂きます。
どうもすいませんでした、本当に。はい。」

「あとあのー、もうひとつ聞いてたんですけども。」

丸山「はい。」

「あのー、えー、全然関係ない話をしますと(笑)。」

丸山「はいぃ(笑)。」

「[桃の節句さん](註:リスナーさん)ですが、『旅行にラブホを、誠さん使えって言ってましたけど、昔自分の場合悲惨で、女4人、男4人で二部屋借りて、男女別々という成り行きになった事があります。貸してくれた側もすごいですね。』
って、そうですね(笑)。
やっぱ二人で使うもんですよね!(笑) はっきり言いまして。」
「あと、こちら。
『誠さん。日サロ行ってムキムキになって、茶髪で金のブレスレットして戻ってきたら、それって大神源太やんか!って思ってしまうじゃないですか』と(笑)。」

丸山「あははは。はいー(笑)。」

「(笑)という事でございます。」

丸山「また来週も、はい、ありますんで。」

「はい。また来週もありますので、もう少し元気な気分で、ちょっと、やっていきたいと思いますけどね。
明日は森合さん、平野裕加里さんの『ごごイチ』。楽しんで下さい。」

丸山「はい。」

「はい。という事で、今日はちょっと、冒頭からほんとに皆さん、涙ぐんでしまってすいませんでした。
皆さんの暖かいメッセージ、ちゃんと受け止めて帰ってきますので、頑張りたいと思います。」

丸山「はい。」

「えー、本日月曜日のお相手は、わたくし北野誠と、」

丸山「丸山蘭那でした。」

「はい、この後は、」

丸山「ハーさんの『ヒット!ヒット!パラダイス』。南部さん、ハーさんよろしくー!」

「はい、来週もよろしくね!」

以上、完全書き起こしなので、発言がクドかったり、私自身の聞き違いがあったりするかも知れないが、その点は何卒ご容赦を。


さあexclamationこのように既にまこっちゃんは、復帰を目指してスタートしているexclamation

そして。

地元大阪で一番に干されてしまったのが、ものすごく歯がゆいが、
まだ今月は、このCBCラジオで彼の声が聞ける(俺たち関西人は・・・もうやだ〜(悲しい顔))。

さらに何より。
この番組にメッセージを送って、まこっちゃんを勇気づける事が、
まだ僕達には可能なんだexclamation×2

「俺たちは、待っているっ!」

メッセージはここへexclamation×2
FAX番号:052(263)6800
おたより:〒460-8405 CBCラジオ「ごごイチ」○○コーナー係
メールは、「ごごイチ」サイトに専用フォームがあるぞ。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ここまでお付き合い頂いた方々は、比較的北野誠に悪印象を抱いていない方々と思いますが、
今回の一件で、まこっちゃんが「単なる毒舌タレント」
サイキックが「芸能界の暴露話ばかりしている番組」
というニュアンスで話が広まっている事に、忸怩たる思いがしております。

北野誠、および「サイキック青年団」は、確かに下世話な事をメインにしていると思われても、致し方ない面もあります。
しかし、その下世話さを『ギャグという剣でもって』表現しているのです。
話題は芸能界より(特に近年は)、社会情勢もかなりの割合で占めています。
何より「サイキック」は、『情報判断番組』というコンセプトを、20年間揺るぎなく持ち続けております。

・・・「答えの言えないクイズ」だけの番組じゃないんだよ!チクショー!!



大神源太の画像は、『ATSUYO’S HOMEPAGE』様から無断拝借!(すみません!)
一度に書き込めるコメントの最大文字数は約2500文字(全角)までです
posted by Gen◇◆ at 23:58| Comment(0) | 俺たちサイキックブラザーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。