2009年07月21日

記憶の欠片

(この記事はT-Blogから引っ越してきました)

真偽のほどはともかく、(芸能)マスコミにその名が出る事自体(罵声じゃなければ)、有難いことだな〜と思ったりする。

MAKOTO090713.gif
(クリックすると画像が拡大します。)
(元記事URLはこちら


一般的にはもはや“過去の人”でしょう?
忘れちゃってる人も、多くて当然だと思う。
俺だって、寛平ちゃんがテレビにいない事、すっかり慣れちゃってるもん。
てか、思い出すことも正直あまりない。

世間一般の彼への評価は置いておいて、我々は板井氏も含めた三人に20年近く世話になりっ放しだった。

記憶の欠片になんて、
できないでしょ。

一度に書き込めるコメントの最大文字数は約2500文字(全角)までです
コメント
北野さん、名前だけでも出て来てよかったですね
永遠に消えそうな勢いでしたから
しかしややこしい団体やらなんやらがあるんですね、芸能界には
くわばらくわばら

かんさいや | 2009/07/21 6:41 PM

>>店主さま

アニキ(←この場合は竹内義和アニキを指します)のサイト(ブログ)なんかには、
誠&竹内アニキのコンビ復活熱望
などのカキコミ、ご意見が多数あるようですが、

個人的には、“芸能人・北野誠”の人生に、
もう高リスクを背負ってもらわなくてもいいんじゃないか、と。
そんな風に考えるサイキッカーがいてもいいんじゃないかと、そんな気持ちです。

それは今回のことで、
「しょせん北野の芸なんて、他人の悪口を言うだけやろ」
など、本質ではないにせよ、“根も葉もない話”でないのは確かで、
無責任なネット上の連中とはいえ、サイキッカー以外の一般的な意見のひとつを(うすうす気付いてたとはいえ)目にしてしまったからです。

僕らサイキッカーは、どうあってもこれまでもこれからもまこっちゃんを熱烈に支持するものでありますが、
芸能人としては、もうリスクが高過ぎる。

うすくぬるく、そして広く支持される、
全くとんがっていないですが、そんなタレントさんでも、もう十分いいんじゃないのか、と思います。


どのように復活されるのか、楽しみもあり不安も大いにありますが、
三十代・四十代を駆け抜けた北野誠と同じ誠を、僕は求めませんね。
あの(サイキック的)芸風は、切れ味があってもなくても、
「反省しとらんやないか」
「ぬるくなったな」
と、どっちにしても悪くとられるんじゃないかと思うんですよ。

俳優の素質は(ご本人がどう考えてるかは知りませんが)あまり無いと思います(笑)。
やはり、作家さんも含めた“物書き”で芸能界と関わっていかれる事を、個人的には望みますわ。
その力は、十二分に持ってはると思います。



ところで、板井氏も今や、DではなくP(プロデューサー)になってはりますね。
夕方のアニメを撮りに帰る(ホンマかいな?)、
短パン姿でブースで踊りまくる、
などの奇行で知られた(?)D万野郎も、
大ABCのテレビプロデューサーですよ。

サイキッカーで一、二を争う出世頭ではないでしょうか(笑)。

Gen◇◆ | 2009/07/23 2:37 AM

どっちにしても批判されるのならリスクをしょってもらわなくてもいいと考えるのも人情ですね
ゆるく細く長くの低空飛行でも芸能界にいてほしいですね
しかし、考えさせられるなあ

かんさいや | 2009/07/24 10:35 PM

>>店主さま

実際には、まこっちゃんが復帰しようがしまいが、世間ではどうでもいい事なんでしょうなあ。
しょせんゲーノー人の事なんだから、それが普通の感覚なんでしょうけどね。

いわゆる裏方(チックな)の仕事で、世間を見返してやってくれたらなーと期待しています。

Gen◇◆ | 2009/07/25 8:49 PM
一度に書き込めるコメントの最大文字数は約2500文字(全角)までです
posted by Gen◇◆ at 00:46| Comment(0) | 俺たちサイキックブラザーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。